大豆イソフラボンのサプリメントから効果を得るためにはエクオールが必要

エクオールはスーパーイソフラボンとも言われる優れた成分です。更年期女性はエクオールサプリを摂ると症状の緩和が期待できます。
MENU

大豆イソフラボンは、女性ホルモンであるエストロゲンと似たような動きをする成分として知られており、主に更年期障害や骨粗しょう症などに効果があることで有名です。また、美容効果のある成分としても有名であり、肌のしわができるのを防いだり、ダイエットにも効果的であるといわれています。

 

そのため、健康系サプリメントおよび美容系サプリメントで、大豆イソフラボンを含んでいる製品が販売されているのも珍しくはありません。

 

しかし、最近の研究で、エストロゲンと似たような働きをするのは大豆イソフラボンそのものではなく、エクオールであることが分かりました。

 

エクオールとは、大豆イソフラボンの中に含まれているダイゼインという成分が、腸内細菌の効果によって変化したものです。つまり、大豆イソフラボンが含まれたサプリメントから健康や美容の効果を得るためには、ダイゼインをエクオールに変化させるための腸内細菌の動きが活発である必要があります。

 

ですが、この腸内細菌は誰にでもあるわけではありません。日本は、アメリカよりも多くの人がこの腸内細菌を持っていますが、その割合は約50〜60%です。

 

つまり、日本人の2人に1人しか持っていないということになります。さらに、日本人でエクオールをつくるための腸内細菌を持っている人の割合は若い世代ほど低い傾向にあり、40代以上では51%に対し、30歳未満では24%の人しか持っていません。

 

その原因はまだ解明されていませんが、現段階では食生活が関係しているのではないかといわれています。エクオールを得るためには、大豆製品を毎日の食事に積極的に取り入れる必要があります。大豆製品が苦手という方や、もっと手軽に摂取したいという方は、エクオールを直接取り入れることができるサプリメントを摂取するのも効果的です。

 

このページの先頭へ